COLUMN 相場が上手くなるための

ヒントってないですか?

女性の相談者
トラリピもいいんですけど、自分の相場観でも利益を上げられるようになれたらなあと思いまして。
スタッフ
私も相場が上手いワケではありませんが、昔読んだ本でとても参考になった言葉がありますので、それをご紹介したいと思います。
女性の相談者
ほう、それは何ですか?
スタッフ
「取引で大切なのは、新規ではなく決済」という言葉です。
女性の相談者
大切なのは決済?
どういうことでしょうか?
スタッフ
“エントリー(=新規)がどうであれ、決済タイミングさえ上手ければ相場で勝てる”という意味だと思います。
女性の相談者
あ、なんかわかったかも。
スタッフ
ですよね。
たとえば、買ったあとに下がったとしても、早めに逃げる(=損切りする)ことができれば、損失は少額で済みます。
女性の相談者
当たり前ですね。
スタッフ
一方で、トレンドに乗ったときには、決済を待って利益をなるべく大きく伸ばすことが重要です。
女性の相談者
でも、待ちすぎて利益を取り損ねてもダメですもんね。
なるほど、大切なのは決済ってそういうことか…。
スタッフ
はい、お客様の中には「どこで仕掛けようかな」とエントリーするタイミングで迷う方が多くいらっしゃいます。
女性の相談者
はい、私もそうです。
そんな一人です。
スタッフ
そうではなくて「決済を極める」。
決済が上手くなれば、相場が上手くなる。
スタッフ
こちら↑をヒントとしてみるのはいかがでしょうか。
女性の相談者
アリですね。
新規と決済、両方に気を遣うよりだいぶラクになる感じもしますし。
スタッフ
そうですね。
ちなみに、その本は為替ディーラーの話だったのですが、欧米のディーラーから“日本人は決済が上手くない”と言われてしまう一節がありました。
女性の相談者
それ、何て本ですか?
スタッフ
それが、忘れてしまったんですよね…。
15年くらい前に読んだので。でもたぶん、元・為替ディーラーの小口幸伸さんの本のどれかだったと思うのですが。
女性の相談者
んんー、そうですか…。
まあいいや、参考にしてみます。

topへ

■お取引に関しての注意事項

株式会社マネースクエア
金融商品取引業 関東財務局長(金商)第2797号【加入協会】日本証券業協会 一般社団法人 金融先物取引業協会